• このエントリーをはてなブックマークに追加

題名のない音楽会・司会者交代

2015.09.30

題名のない音楽会・司会者交代 はコメントを受け付けていません。

世界一長寿のクラシック音楽番組としてギネス世界記録にも認定されている「題名のない音楽会」。
1964年の放送開始から51年目を迎え、7年半にわたり司会を務めた佐渡裕に代わり、天才の呼び声も高い若きバイオリニスト・五嶋龍が新司会者に!


指揮者として、日本のクラシック音楽を牽引してきた佐渡。
一番心に残っているのは、東日本大震災だといいます。
震災の時に音楽家としての使命を具体的に見つめることができたといいます。


また、五嶋にとって佐渡さんは、アーティストとしての基礎を教えてくれた恩師とも。
2人の出会いは、20年前にさかのぼる。
五嶋が7歳でデビューした際、指揮棒を振ったのが佐渡さん。
20年たった今、五嶋は大きな才能と楽しみな未来をまだまだ持っている存在。
性格も明るく、全てのものを兼ね備えた素晴らしい指揮者と佐渡さんは評価。


全ての人に豊かな音楽の世界を感じていただき、クラシックの魅力を考えるきっかけにしてほしいと五嶋は言う。


10月4日放送から五嶋が登場。
長年親しまれた音楽番組に、新な歴史の一ページが刻まれる。


◆ちょっとよりみち
佐渡裕(さど ゆたか)
1961年5月13日生まれ、京都府出身。京都市立芸術大学卒業。
故レナード・バーンスタイン、小澤征爾らに師事。
現在では、日本を代表する指揮者の一人として、ヨーロッパのいちりゅうオーケストラから多数招へいされている。
9月オーストリアの名門オーケストラ・トーンキュンストラー管弦楽団の音楽監督に就任。


五嶋龍(ごとう りゅう)
1988年7月13日生まれ、米ニューヨーク出身。姉はバイオリニストの五嶋みどり。7歳でコンサート・デビュー、その後日本国内のオーケストラはもとより、世界各地のオーケストラと共演。
故ロリン・マゼ―ルらクラシック音楽の巨匠たちが、その実力を高く評価。
2011年ハーバード大学(物理学専攻)を卒業。

関連記事

コメントは利用できません。