Popup Title
Popup subtitle
冷えないカラダをつくる冷えとり改善法
*

美容液

(公開: 2014年07月27日)

保湿、美白、アンチエイジングなどいろいろな成分が含まれます
美容液とは、通常透明もしくは、半透明のジェルで、保湿や美白などの有効成分を豊富に含む化粧品のことをいいます。
小さめの容器で、値段は高めのものが多いようです。

ところが最近は、いろいろな形の美容液が出回っていますね。クリームに近いものや化粧水のように水っぽいものもあります。値段もまちまちですね。

では、美容液を選ぶ際、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?
まずは、配合されている成分を確認しましょう。
有効成分についてはっきり確認することが大切です。

サラッとしたジェルタイプが肌にやさしい
使用感を確認しましょう。あまり固すぎたり、ベタベタしすぎるものは、刺激が強いようです。
粘着剤という、高分子化合物で粘度をつけているのですが、これが多すぎると肌をあらすことがあるからです。
サラッとしたジェルタイプを選ぶようにしましょう。

顔全体にたっぷりつけます
美容液は保湿のものはもちろん、美白やアンチエイジングの働きをもつものも、老化から肌を守るために使うため、顔全体に塗ります。

塗るときは、化粧水をつけるときと同じように、指の腹を使い、やさしくなじませていきます。
たとえば、保湿タイプと美白タイプのように、作用の異なる美容液を2つ異常使うときは、まず最初に保湿のものを塗りましょう。あとは、水っぽいものから油っぽいものへと塗っていきます。

美容液は化粧下地の代わりにもなります。専用の化粧下地は、ファンデーションのつきをよくしたり、肌色を補正するといった目的で、いろいろな成分が配合されています。
そのぶん、肌には負担になることも多いようです。

肌の水分量と油分料のバランスが整っていれば、専用の化粧下地を使う必要はありません。
保湿成分が配合された美容液をぬるだけで充分です。
それでも乾燥がきになるときは、上から保湿成分が配合された乳液または、クリームを薄くぬりましょう。
最近見かける「保湿液」とは、保湿専用の美容液を指すことが多いようです。

スポンサードリンク