Popup Title
Popup subtitle
冷えないカラダをつくる冷えとり改善法
*

ファンデーション

(公開: 2014年07月27日)

カバー力なら練ったタイプもおすすめです
肌が乾燥するからクリームファンデーションを使っている人は多いのですが、肌を荒らしてしまう場合があります。
クリームファンデーションは、乳液のようなものの中に、顔料を分散させたものですが、分離しやすいので、乳化剤(界面活性剤)で乳化し、安定させてあるのです。
その乳化剤が肌への刺激になるのです。

また、液状である以上は、水分を含むわけですから、防腐剤も必要です。
リキッドファンデーションや、ゲル状ファンデーションも同様です。

一方、パウダーファンデーションは、乳化剤は含みませんし、防腐剤もほとんど必要ありません。
結果、ファンデーションの中ではパウダーファンデーションが比較的添加物が少なく、肌にやさしいと言えるでしょう。
クリームファンデーションのほうが、乾燥肌や敏感肌にいいというイメージがありますが、逆のようですね。

もうひとつ、練り状のファンデーションもあります。ケースに入ったもの、スティック状になったものもあります。顔料に、油分だけを少し加え、ある程度の固さになるように練ったものです。
これは、水を含まないので乳化剤や防腐剤もほとんど必要ありません。
パウダータイプよりしっとり仕上がるので、カバー力を出したい人にはおすすめです。
ただし、油分が多いので、ニキビができやすい人は、要注意です。

水分多め、油分少なめの下地づくりを
パウダーファンデーションだと粉浮きするという人がいますが、メイク前の保湿で改善できます。
まず、化粧水をつけてから、セラミドなどの保湿成分を含む美容液を多めに使います。
この美容液が化粧下地のかわりになります。つぎに保湿成分配合の乳液か保湿クリームを少なめに重ねていきます。10分ほどそのままにしておき、その後パウダーファンデーションを塗りましょう。
はじめは粉っぽくても、時間がたてば自分の皮脂になじんでちょうどよくなります。

朝のスキンケアとメイクをしてから、時間がたつにつれ、肌の水分は蒸発していきますが、油分は皮脂分泌に伴って増えていきます。
ですから、朝、メイク前のスキンケアは、水分(保湿成分)を多めに、油分を少なめに仕上げたほうが、時間がたったときにきれいに見えます。

また、粉おしろいのほうがパウダーファンデーションよりも粉浮きせずにきれいに仕上がる場合もあります。肌にやさしい粉おしろいを試してみてもよいでしょう。

スポンサードリンク