Popup Title
Popup subtitle
冷えないカラダをつくる冷えとり改善法
*

冷えによる肌あれ・ニキビ対策

(公開: 2014年07月27日)

女性なら、肌あれ、ニキビ、くま、しみ、くすみなど肌トラブルを予防・改善してキメ細かく張りのある健康的な素肌をキープしたいと思いますよね。

できるだけ早く治したい肌トラブル・肌荒れ・ニキビの対策はどうしたらいいでしょうか。

肌荒れやニキビは血流の滞りが原因

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層からなりたっています。
表皮には水分や皮脂を分泌する汗腺や皮脂腺があり、肌のうるおいを保つ働きをしています。
ところが、冷えてしまうと血流が滞り皮膚の細胞に栄養が行き届かないため、肌が荒れたり、回収されない老廃物を皮膚から外に出そうとしてニキビや吹き出物がでたりします。

また、便秘も肌あれの要因。
便秘が続くと、体は腸にたまって排出できないものを再吸収して、肌から外に出そうとするので、肌が荒れ、ニキビができたりするのです。

体を温めて冷えをとり美しい肌になる

肌荒れやニキビの予防・改善には、血液のめぐりをよくすることが一番。

しっかり体を温めることで、血液のめぐりが促されます。
また、水をたくさんのんでも皮膚はうるおいません。
むしろ余分な水がたまって体が冷え、血流が悪くなり、肌トラブルを招きますよ。
ふだんから水の飲み過ぎに注意し、お風呂や運動で汗をかいて、余分な水分を体の外に出すようにこころがけましょう。

スポンサードリンク