Popup Title
Popup subtitle
冷えないカラダをつくる冷えとり改善法
*
冷えないカラダをつくる冷えとり改善法 > 冷えの生活習慣病の改善 > 冷えない体が鼻水・せき・たんを鎮める

冷えない体が鼻水・せき・たんを鎮める

(公開: 2014年07月27日)

風邪の季節や花粉症の季節などに起る鼻水・せき・たんなどの不快な症状は早く取り除きたいですよね。
体を冷やさない、冷えない体づくりが改善への近道!

余分な水分を外へ出す

鼻水やせき・たんは、体内の余分な水や老廃物を体の外へ出そうとしている浄化作用で、汗や涙とおなじ排泄現象と言えます。
せきは、外から入り込んだほこりや細菌と、肺に排泄された血液中の老廃物からなるたんを外へ出そうとする、ごく自然な反応なのです。

ですが、せき止めを服用すると、かえって逆効果になります。
化学薬品は、せきを出す働きを促す脳内のがいそう中枢をまひさせてせきを止めるので、たんが肺の中にたまるからです。
これが肺炎や気管支炎を引き起こす原因になることがあるのです。

余分な水や老廃物が体外に出てしまえば症状は治まるようで、自然な生薬を用い、穏やかに改善するのがもっともよい方法です。

鼻づまりがつらい病気に、副鼻腔炎(蓄膿症)がありますが、副鼻腔炎には自宅で簡単にできる改善法があるので、おススメです。

痛みを伴うせきの改善法

過剰な水分がいろいろな症状を引き起こすようです。
水分が多いと体が冷えますから、まず体を温めて鼻水やたんを出して、発汗や利尿を促し余分な水分を体外に排出することが大切になります。
せきは、体内の老廃物のたんが出きってしまえば自然に治まります。

のどの痛みを伴うようなせきは、れんこんをすりおろし、ふきんで絞ったものに生姜の搾り汁を加えて熱湯を注いだ「れんこん湯」を飲むといいですよ。
塩や醤油で軽く味を調えると飲みやすいかも。

スポンサードリンク