Popup Title
Popup subtitle
冷えないカラダをつくる冷えとり改善法
*

冷えとりが体のかゆみ・湿疹を改善

(公開: 2014年07月27日)

体のかゆみや湿疹はがまんできないくらいにいやなものです。
それらの多くは、血液の汚れによって引き起こされる症状だと言われています。

老廃物や水分を皮膚から出そうとする反応

血液が汚れて血流が悪いために体内に残ってしまった老廃物や余分な水分を、皮膚から外に出そうとする反応なのです。

これらの症状を、化学薬品の外用薬などで抑えてしまうと、体内の老廃物や水分の体外への排泄を強制的に止めてしまうことになりますね。

かゆくて眠れない、外出できないといったときの一時的な使用は避けられないでしょう。
しかし、いつも外用薬等に頼っていては、繰り返し発症します。
再発を防ぐには、まず生活習慣を見直して、血液をきれいにすることからはじめましょう。

生活習慣の見直しが改善の近道

まずは、栄養を摂り過ぎている食事の見直しが必要となります。
何よりも食べ過ぎないこと。腹6~8分目を目安に、食べ物を良く噛んで食べるようにしましょう。

また、水の飲み過ぎにも注意。喉が渇いたときに必要な分だけ水分を摂るようにします。その際、排尿を促す作用のある、しょうが紅茶を飲むといいですよ。

糖分や脂肪などのエネルギー源が体内でしっかり燃やされないと、血液はきれいになりません。
運動でエネルギー源を燃やせば、体も温まり血液の循環も良くなっていきますから、効果はより高まるでしょう。
冷え症の人は、入浴や足浴で体の芯まで温めるのもおススメです。

かゆみや湿疹は、冷え症の体を温め、血流をよくし、食生活をも直し、運動を習慣にして、根本からの改善をめざしましょう。

スポンサードリンク