冷え肌 乾燥肌のクレンジング料とは

ほとんどの女性はメイクをしているので、クレンジングと洗顔の「ダブル洗顔」が必要になります。
最近のメイクアップ料は汗や水に強くなった分、洗顔だけでは落ちませんから、きちんとしたクレンジングをおこないましょう。

油汚れであるメイクアップ料は水にはなじまないのでクレンジングが必要になります。
クレンジング剤には水と油をなじませる界面活性剤が含まれていますが、その量と質でクレンジング料の良しあしが決まります。

もっとも肌にやさしいのはクリームタイプ

クレンジング料は、日々のスキンケアのアイテムの中でも、もっとも肌を傷めやすいものですから、なるべくよいものを選んで、肌を傷めない努力が必要です。

クレンジング料の中で、比較的肌にやさしいといえるのは、洗い流せるクリームタイプです。
乳化したジェルタイプ(透明でなく白いもの)でもよいでしょう。

油分を多く含むオイルタイプは肌への刺激が強い

最近はオイルタイプのクレンジング料が主流ですが、これは洗浄力の強いものが多く、毎日使うと肌を傷めることがあります。

油分を多く含むので、メイクアップ料とのなじみはよいのですが、その分界面活性剤も大量に必要になるというわけです。
サラサラした液状のため、肌をこすってしまいやすいのも欠点ですね。
リキッドタイプのクレンジング料も同様です。

ミルクタイプは肌にやさしいイメージで、最近人気ですが、水分が多いため、メイクアップ料とのなじみはよくありません。ファンデーションを使った時にはおすすめできませんね。
人気のシート状や拭き取るタイプのものは、もっと肌を傷めます。シミをつくることもあります。
泡タイプは、手軽なぶん、肌への負担は増えてしまいます。

価格や手軽さより質でえらびましょう

総合的に考えて「クリームタイプ」が、油分も水分も多すぎず、バランスがよいということになります
中でも適度な硬さのある、上質なクリームタイプのもを選びましょう。

ポイントメイクを落とす方法

最初に落としにくいポイントメイクを落とします
1:コットンにオリーブオイルをふくませます。コットンの裏に少ししみるくらいがポイント。
2:コットンを目もと口もとにのせます。そのまま1分、おきます。
3:コットンで軽くメイクアップ料をぬぐいます。

クレンジングの方法

1:クレンジング料を手のひらにとります。まず、額、鼻にかけてのTゾーンにクレンジング料をのせ、指の腹を使って軽くメイクアップ料となじませます。

2:頬などのUゾーンにクレンジング料をのばして、軽くメイクアップ料となじませます。

3:最後に目もと、口もとにクレンジング料をのばして、軽くメイクアップ料となじませます。

4:ぬるま湯を使って、手早く洗い流します。この後は続けて洗顔料を使った洗顔をしましょう。

冷え性の化粧品はお試しセットから

冷え性だと肌が乾燥しがちになり、普通肌の人よりも敏感になってしまうことがあります。そのため、化粧水や美容液などは敏感肌・乾燥肌の人でも使えるものを選ぶことがポイント。また、口コミで評価の高い化粧品も「自分の肌には合わない」ということもありますので、最初はお試しセットから使ってみましょう。お試しセットなら洗顔料・化粧水・乳液・クレンジングオイルなどが一気に試せてお得です。

ディセンシア

つつむトライアルセット

敏感肌・乾燥肌専門ブランド「ディセンシア」の化粧水なら、冷え性の乾燥した肌でも安心!外部刺激をブロック&徹底保湿で、健康的な肌作りへアプローチしてくれます。

エトヴォス

エトヴォス化粧水

皮膚科学の医学博士が監修したスキンケアシリーズ『セラミディアル』には、保湿に大切な「ヒト型セラミド」を配合。乾燥知らずの肌へ導いてくれます。

ファンケル

無添加アクティブコンディショニング EXの詳細

冷え性の弱った肌でも使える無添加トライアルセット。独自成分アクティブセラミドが肌に美容成分をしっかり届け、ハリのあるふっくら角質層をつくり出してくれます。

ヤクルト イキテル

イキテルの詳細

乳酸菌由来の保湿効果の高い美肌成分を肌に届けハリのあるみずみずしい素肌へ。使い心地しっとりで、洗顔後の肌乾燥をしっかりと防いでくれます。

maNara

マナラホットクレンジングゲルの詳細

ダブル洗顔いらず。メイクの汚れだけでなく、保湿成分で角質層をやわらかくして肌に負担をかけずに毛穴の奥の汚れも取り除いてくれます。

アテニア

アテニア スキンクリアクレンズオイルの詳細

メイクを落とすだけではなく、肌色まで明るくしてくれるのが「スキンクリアクレンズオイル」。加齢による肌のくすみが気になる方におすすめ。


・関連記事