化粧水

乾いた肌に水分を与えただけでは乾燥はおさまらない

肌に水分が一番大事と考えている人がほとんどですが、化粧水がそのまま肌の水分になるわけではありません。
私たちの肌の水分をまもるために、もっとも活躍しているのは、角質細胞間脂質、なかでもセラミドです。セラミドは年齢とともに減り、それに伴い肌の水分も減っていきます。
そこで、セラミドを補うか、その代用になる保湿成分(ヒアルロン酸など)を補うのが、正しい保湿のお手入れになります。

化粧水の大半は水です。水の中には、保湿成分はあまり配合できません。ですから、肌にいくら化粧水をつけても時間がたてば蒸発するだけです。コットンで何度もパッティングしても、逆に肌を傷めてしまうことがあります。

又、肌が乾燥して荒れているときは、化粧水のあとに美容液かクリームを使うようにしましょう。
本当の保湿とは、水分を維持するための「保湿成分」をしっかりと与え、肌の保水力を高めることをいいます。

肌への効果が確かなビタミンC誘導体配合のものを選ぶこと

最近ではビタミンC誘導体を含んだ化粧水などが出ています。ビタミンC誘導体は、クリームなどよりも水に配合したほうが安定性のよい成分なので、化粧水に配合して使うのが、正しいといえるでしょう。

化粧水を選ぶときは、ビタミンC誘導体を含み、ほかの成分はいろいろと含まない、シンプルなものにしましょう。

スキンケアは手でおこなうのがいちばんです

普段のスキンケアで、コットンを使う必要性はありません。
化粧水でも、美容液、乳液でも、手でつければ充分です。
手でつけるとムラになるとか、手が化粧品の栄養分を吸ってしまうというのは俗説です。

化粧水だけでなく、美容液、乳液、クリームは、手にとったあと、肌をおさえるようにしながら、手のひらや指の腹でつけていきます。
肌を引き締めようとパンパンたたく人がいますが、たたく刺激は赤ら顔やシミの原因になります。
血行をよくしたいのであればツボ押しをとり入れましょう。

冷え性の化粧品はお試しセットから

冷え性だと肌が乾燥しがちになり、普通肌の人よりも敏感になってしまうことがあります。そのため、化粧水や美容液などは敏感肌・乾燥肌の人でも使えるものを選ぶことがポイント。また、口コミで評価の高い化粧品も「自分の肌には合わない」ということもありますので、最初はお試しセットから使ってみましょう。お試しセットなら洗顔料・化粧水・乳液・クレンジングオイルなどが一気に試せてお得です。

ディセンシア

つつむトライアルセット

敏感肌・乾燥肌専門ブランド「ディセンシア」の化粧水なら、冷え性の乾燥した肌でも安心!外部刺激をブロック&徹底保湿で、健康的な肌作りへアプローチしてくれます。

エトヴォス

エトヴォス化粧水

皮膚科学の医学博士が監修したスキンケアシリーズ『セラミディアル』には、保湿に大切な「ヒト型セラミド」を配合。乾燥知らずの肌へ導いてくれます。

ファンケル

無添加アクティブコンディショニング EXの詳細

冷え性の弱った肌でも使える無添加トライアルセット。独自成分アクティブセラミドが肌に美容成分をしっかり届け、ハリのあるふっくら角質層をつくり出してくれます。

ヤクルト イキテル

イキテルの詳細

乳酸菌由来の保湿効果の高い美肌成分を肌に届けハリのあるみずみずしい素肌へ。使い心地しっとりで、洗顔後の肌乾燥をしっかりと防いでくれます。

リペアジェル

リペアジェルの詳細

リペアジェルは100%植物由来で成分を純粋なまま肌に届けることを可能にした、新発想の美容液。有名なヘアメイクアップアーティストの「AKIRA」さんもお勧め。

ビーグレン

ビーグレンの詳細

ネット上の口コミだけで人気になった化粧品!心臓病治療にも使われる特許の浸透技術で保湿成分を角質層の奥までしっかり届けてくれます。


・関連記事