美容液

保湿、美白、アンチエイジングなどいろいろな成分が含まれます

美容液とは、通常透明もしくは、半透明のジェルで、保湿や美白などの有効成分を豊富に含む化粧品のことをいいます。
小さめの容器で、値段は高めのものが多いようです。

ところが最近は、いろいろな形の美容液が出回っていますね。クリームに近いものや化粧水のように水っぽいものもあります。値段もまちまちですね。

では、美容液を選ぶ際、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?
まずは、配合されている成分を確認しましょう。
有効成分についてはっきり確認することが大切です。

サラッとしたジェルタイプが肌にやさしい

使用感を確認しましょう。あまり固すぎたり、ベタベタしすぎるものは、刺激が強いようです。
粘着剤という、高分子化合物で粘度をつけているのですが、これが多すぎると肌をあらすことがあるからです。
サラッとしたジェルタイプを選ぶようにしましょう。

顔全体にたっぷりつけます

美容液は保湿のものはもちろん、美白やアンチエイジングの働きをもつものも、老化から肌を守るために使うため、顔全体に塗ります。

塗るときは、化粧水をつけるときと同じように、指の腹を使い、やさしくなじませていきます。
たとえば、保湿タイプと美白タイプのように、作用の異なる美容液を2つ異常使うときは、まず最初に保湿のものを塗りましょう。あとは、水っぽいものから油っぽいものへと塗っていきます。

美容液は化粧下地の代わりにもなります。専用の化粧下地は、ファンデーションのつきをよくしたり、肌色を補正するといった目的で、いろいろな成分が配合されています。
そのぶん、肌には負担になることも多いようです。

肌の水分量と油分料のバランスが整っていれば、専用の化粧下地を使う必要はありません。
保湿成分が配合された美容液をぬるだけで充分です。
それでも乾燥がきになるときは、上から保湿成分が配合された乳液または、クリームを薄くぬりましょう。
最近見かける「保湿液」とは、保湿専用の美容液を指すことが多いようです。

冷え性の化粧品はお試しセットから

冷え性だと肌が乾燥しがちになり、普通肌の人よりも敏感になってしまうことがあります。そのため、化粧水や美容液などは敏感肌・乾燥肌の人でも使えるものを選ぶことがポイント。また、口コミで評価の高い化粧品も「自分の肌には合わない」ということもありますので、最初はお試しセットから使ってみましょう。

ディセンシア

つつむトライアルセット

敏感肌・乾燥肌専門ブランド「ディセンシア」の化粧水なら、冷え性の乾燥した肌でも安心!外部刺激をブロック&徹底保湿で、健康的な肌作りへアプローチしてくれます。

エトヴォス

エトヴォス化粧水

皮膚科学の医学博士が監修したスキンケアシリーズ『セラミディアル』には、保湿に大切な「ヒト型セラミド」を配合。乾燥知らずの肌へ導いてくれます。

ファンケル

無添加アクティブコンディショニング EXの詳細

冷え性の弱った肌でも使える無添加トライアルセット。独自成分アクティブセラミドが肌に美容成分をしっかり届け、ハリのあるふっくら角質層をつくり出してくれます。

ヤクルト イキテル

イキテルの詳細

乳酸菌由来の保湿効果の高い美肌成分を肌に届けハリのあるみずみずしい素肌へ。使い心地しっとりで、洗顔後の肌乾燥をしっかりと防いでくれます。

リペアジェル

リペアジェルの詳細

リペアジェルは100%植物由来で成分を純粋なまま肌に届けることを可能にした、新発想の美容液。有名なヘアメイクアップアーティストの「AKIRA」さんもお勧め。

ビーグレン

ビーグレンの詳細

ネット上の口コミだけで人気になった化粧品!心臓病治療にも使われる特許の浸透技術で保湿成分を角質層の奥までしっかり届けてくれます。


・関連記事