乳液

セラミドなどの保湿成分を含む美容液に近い乳液がおすすめ

かつては、水分のあとに、油分でフタという、スキンケアが主流でした。
でも、最近では肌の水分は、セラミドなどと結合することによって維持されていることがわかってきました。そのため、最近は乳液に代わって美容液が使われるようになりました。

ただし、使い慣れた乳液ファンもいるのです。
そういう人たちには、セラミドなどの保湿成分配合の乳液をおすすめします。

美容液と乳液の中間のような、保湿成分をたっぷり含んだ乳液というものも出ています。
一歩進んだ、新しいタイプの乳液なら使う価値はありそうです。

30代までは油分の少ないタイプを選びましょう

乳液を使うときに、気をつけなければいけないのが、油分の与えすぎです。
とくに皮脂分泌量が充分ある30代までは、必要以上に油分を与えすぎないように注意しましょう。
乳液の中でも油分をあまり多く含まないものを選びましょう。
とくにTゾーンにはつけすぎないように注意します。

乳液をつける時は、化粧水をつける時と同じように、指の腹を使い、やさしくなじませていきます。

美容液、乳液のつけ方

一度、手のひらにとって顔全体にサラッとなじませたあと、中指と薬指を使ってなじませていきます
なじませる方向は、顔の内側から外側へ、下から上へ。
鼻だけは、上から下へ。仕上げに、目のまわりとフェイスラインを軽く指で押します。

冷え性の化粧品はお試しセットから

冷え性だと肌が乾燥しがちになり、普通肌の人よりも敏感になってしまうことがあります。そのため、化粧水や美容液などは敏感肌・乾燥肌の人でも使えるものを選ぶことがポイント。また、口コミで評価の高い化粧品も「自分の肌には合わない」ということもありますので、最初はお試しセットから使ってみましょう。

ディセンシア

つつむトライアルセット

敏感肌・乾燥肌専門ブランド「ディセンシア」の化粧水なら、冷え性の乾燥した肌でも安心!外部刺激をブロック&徹底保湿で、健康的な肌作りへアプローチしてくれます。

エトヴォス

エトヴォス化粧水

皮膚科学の医学博士が監修したスキンケアシリーズ『セラミディアル』には、保湿に大切な「ヒト型セラミド」を配合。乾燥知らずの肌へ導いてくれます。

ファンケル

無添加アクティブコンディショニング EXの詳細

冷え性の弱った肌でも使える無添加トライアルセット。独自成分アクティブセラミドが肌に美容成分をしっかり届け、ハリのあるふっくら角質層をつくり出してくれます。

ヤクルト イキテル

イキテルの詳細

乳酸菌由来の保湿効果の高い美肌成分を肌に届けハリのあるみずみずしい素肌へ。使い心地しっとりで、洗顔後の肌乾燥をしっかりと防いでくれます。

リペアジェル

リペアジェルの詳細

リペアジェルは100%植物由来で成分を純粋なまま肌に届けることを可能にした、新発想の美容液。有名なヘアメイクアップアーティストの「AKIRA」さんもお勧め。

ビーグレン

ビーグレンの詳細

ネット上の口コミだけで人気になった化粧品!心臓病治療にも使われる特許の浸透技術で保湿成分を角質層の奥までしっかり届けてくれます。


・関連記事